INTERVIEW社員を知る

事業法人部 入社2年目
経済学部卒
Y.M

企業経営の意思決定に関わる仕事

事業法人部は、上場企業を相手に会社や経営者の方の悩みを聞き、問題解決に向けて様々な提案を行なう部署です。
私は、上場企業とのリレーションの窓口として、主に社内外の折衝を行なっています。資本政策や資金調達、投資家向けIR対応など企業ごとに異なる問題を抱えているため、幅広い知識と経験が必要となります。企業経営の意思決定に関わることができる点がこの仕事の一番のやりがいだと思います。

自分の発想で勝負ができる

企業の数だけ悩みがあり、それらを解決するためにいくつもの提案を考えます。提案に至るまでに多くのデータや事例を調べ、検証を行ないますが、その過程で採用されないで終わるものもいくつもあります。
試行錯誤を繰り返しながらよいものを作っていくこと、自分の発想やひらめきで勝負ができること、それがこの仕事の醍醐味です。また、会社として力を入れているホールセールの分野で若いうちから大きな裁量権を持って仕事を任せてもらえるのも私がSBI証券を選んだ理由でもあります。

お客様の感謝の言葉が強いやりがいに

訪問を何度も繰り返しお客様と密にコミュニケーションを取ることによって、初めは打ち明けてくれなかった社内の問題などを打ち明けてくれた時にはこの会社が抱えている課題をなんとか解決したいと強く感じます。
「他の会社があまり来ない中、君はよく来てくれる。なにかあった時には一番に相談させてほしい。」と言っていただいた時にはやってきてよかったと思いました。

お客様の会社の
成長を一緒に考えるフロントになりたい

当社のホールセール部門は、業界において着実にその存在感を高めてきています。ベンチャー企業の新規上場(IPO)引受社数は証券業界でもトップになり、上場後の資金調達も一気通貫で行っています。
企業にとっての一つの大きなアクションである資金調達を手伝い、調達資金を何に使えばより会社が成長できるかを一緒に考えることが何よりのやりがいです。
今後の目標は、お客様(上場企業)の強みをより生かしたご提案をしたり、企業とシナジーを発揮できる企業の紹介をして新たなサービス立ち上げの提案ができるようになることです。

就活生へのアドバイス

私は学生時代に「やりたいことができる会社」を探して多くの企業と出会い、その中から今の会社を選びました。皆さんにも就職活動の軸があると思いますが、長い活動期間中妥協すること無く、最後までがんばった人が自分の納得のいく結果を手にできると思います。就職活動を終えたときに「ここを選んでよかった」と思えるよう最後まであきらめずにがんばってください。

ENTRYエントリー

エントリーは「リクナビ」もしくは「マイナビ」よりお願いします。

リクナビ

マイナビ