PEOPLE人を知る

インタビュー

SBI証券で働くうえでの目標や仕事に対する想いはどのようなものか。
若手社員の皆さんに聞いてみました。

A.H - カスタマーサービス部
2018年度新卒入社。文学部で日本語学を専攻。大学の頃から言葉遣いや方言など、言葉に関して興味を持つ。大学時代は、子どもに勉強を教えるボランティアに参加。これを機に「誰かの役に立ちたい」という就活の軸が出来る。

Q. SBI証券に入社を決めた理由を教えてください。

人の役に立ちたい

就活中はただ漠然と「人の役に立ちたい」「誰かのサポートをしたい」という気持ちで活動をしておりました。なので具体的にやりたいことがある訳でもなく、迷走している状態でしたね。そんな中、SBI証券のカスタマーサービス部とご縁がありまして、説明を聞いた瞬間「ここでオペレーターさんのサポートをしたい!」「お客さまの役に立ちたい!」と思い、採用面接を希望しました。

もともと人の話を聞くことが好きだったことと、説明会を通してSBI証券が掲げる顧客中心主義に共感し、この場所なら向上心を持って働けると感じました。また、当時入社3年目の先輩の話を聞き、積極的に採用活動をしている姿をみて、純粋に「私もこんな風になりたい」とも思いました。

数年後の理想像をイメージできたことや、社内の見学で雰囲気が好印象だったことも、SBI証券に入りたいと強く思った大きなきっかけでしたね。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

電話応対やオペレーターのサポート

カスタマーサービス部での1年目は、オペレーターと一緒に電話を取って知識を蓄える段階から始まります。その後、段々と知識と応対力が身についてきたら、最後は一人で電話応対が可能になります。現在私は、株や投資信託、債券などの商品に関する案内を行なっています。

また、オペレーターに気持ちよく働いてもらえる環境づくりも業務の1つです。たとえば、オペレーターの昼食時間ローテーション表の作成が挙げられます。最近先輩から引き継いだ業務ですが、「もっと効率よくできないか」とほかの先輩に相談したところ色々と後押しをしていただき、良いものが出来上がりました。

他には、オペレーターのサポートをする立場として、主にコーヒーメーカーや給茶機の管理も業務の1つとしてあります。

Q. 仕事上の醍醐味を教えてください。

「ありがとう」など感謝の言葉を頂くと、「役に立てた」と達成感を感じますね

2年目以降のオペレーターフォロー業務に向け、1年目のうちから電話応対をするという業務があります。この業務では、お客さまの声を直接聞くことができるので、サービス改善や新サービス導入などについて考える際に役にたちます。

当社は取扱う商品が多いため、その分知識が必要で日々学ぶことが多く大変です。そのため難しいと感じることもありますが、前にうまく案内できなかったことを次の問い合わせで案内できるようになったとき、お客さまから「ありがとう」など感謝の言葉を頂くと、「役に立てた」と達成感を感じますね。

Q. SBI証券の社員は、どんな人が多いと思いますか?

明るい雰囲気で、恵まれた環境

とにかく個性的な方が多い気がします(笑)

社内の雰囲気はとても明るく、私が金融関係としてイメージしていたものとは程遠いです。配属直後は緊張しましたが、部長や管理職の方もフランクに話しかけてくださるので、今では気後れせずに話せるようになりました。また、時間を割いて相談や意見を聞いてくださることもあって、とても恵まれていると感じます。

Q. あなたにとってSBI証券はどのようなところですか。

顧客第一で、日々向上していける場所

Q. 1日のスケジュールを教えてください

Q. 今後の目標を教えてください。

もっと共感し、もっとわかりやすく

今までの経験を通して、その人の物の見方・考え方は言葉の端々に出てくるものだと思っています。私は視野をどんどん広げて行き、もっと共感し、もっとわかりやすい話し方が出来る人になりたいです。そのためには知識を深めていく事が必要で、日々色々な人と接し、学ぶ姿勢を持ち続けることを意識しております。

Q. 就活生へ向けて、メッセージをお願いします!

自分の気持ちに素直に

もう就活に向けた軸が定まっている人もそうでない人も、それぞれの思いを持ってこれから就活をしていくのだと思います。私が伝えたいことは「自分の気持ちに素直になって、妥協せずにやりたいことを目指してください」ということです。

私は文学部だったのもあって、金融の知識は全くありませんでした。入社後も知識がないことに対して不安な気持ちでいっぱいでした。でも、当社は研修が充実していますので、私も入社の時からは想像もできないくらい知識がつき、現在は一人で電話応対を行えています。私はまだ1年目ですが、電話応対以外のことでも、新しいことや興味のあることに対し取り組む姿勢を、先輩方は尊重し、協力してくださいます。もし当社に興味を持ってくださいましたら、ぜひ説明会や面接への応募をお待ちしています。

一緒に協力して、お客さまのために当社のサービスを改善していきましょう。