PEOPLE人を知る

クロストーク

当たり前のことですが、入社すると上司や先輩などいろいろな人達と一緒に働きます。
そこでSBI証券の上司と部下はどのようなコミュニケーションをとりながら仕事をしているのかを聞いてみました。

部下

Y.O
2016年新卒入社。大学では情報系を専攻し、プログラミングやIT関連の見識を深める。両親の影響で、高校時代から投資に対し強い興味を抱く。

上司

D.T
2016年中途入社。大学卒業後、某HR系企業の住宅部門で広告の営業として働く。4年後、当時SBIグループで広告を扱っていた会社に転職。その後、SBI証券に入社。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

Y.O:

現在、マーケティング部に所属していて、その中で開発関連の業務を行なっています。
新卒で入り、最初こそプロモーションやサービスに関わっていたものの、自分から開発案件を見てみたいという要望を出して、徐々に開発案件に携わるようになり今に至ります。

D.T:

現在はマーケティング部デジタルマーケティング室の室長として仕事をしています。
デジタルマーケティング室としては、新規顧客の獲得、取引の活性化、あとはお客様が取引に到るまでのサポートを担っています。
今はNISAやiDeCoなど、初心者向けのものを認知してもらうような取り組みや、資産形成の大切さをお客様に知ってもらう業務を行なっています。
そういったところで、室長として業務を統括したり戦略の立案を行なっています。

Q. 仕事上での関わり方を教えてください。

D.T:

Y.O君が詳しい案件であれば開発担当としてあてがい、自由にやらせているといった感じですね。その中で、重要なところは報告をもらい、あとは時折相談相手になったり、と言うような関わり方ですね。

Y.O:

案件を進めていくと、どうしても自分だけでは決められないところが出てくるので、その時に報告したりしています。中にはマーケティング部として他部署に共有しなければいけないこともあるので、そういった時に意見をもらったりしています。

Q. お互いの第一印象を教えてください。

Y.O:

(メンバーから見たマネージャーの姿)
「決めるところは決め、不要なことははっきりと決める方」という印象が当時からありましたね。効率を重視し、判断が早いと思います。決めきれずに先延ばししてしまうよりは「とにかくまずは進める」という所を重要視しているように感じてます。
僕とは全く違うタイプの方だったので、ある種の憧れを抱いていますね。
また、今3年目なのですが、これまで任されてきた業務の難易度が、自分の成長に合わせて高くなってきているなと感じてます。それは自分のレベルに合った業務を都度振ってくださっているからなのだと、今になって思います。
それと、上下関係を表に出さず、カジュアルによく話をして頂いていますね。休憩室などでも普段仕事中は話さないこととかをよく会話します。マーケティング部全体に対しても、人のつながりやメンバーの性格も含め、いい環境だと僕は思っています。

D.T:

最初は、社会人として大丈夫かなっていうのが第一印象で(笑)
でも1年目の終わりに、Y.O君の先輩が入院して、その先輩の業務を代わりにY.O君が推進することになったんです。その時を境に急成長したように感じます。今は頼もしいですよ。

Q. Y.Oさん、仕事を通じて何か変化はありましたか。

Y.O:

仕事は1人ではできないと思うようになりました。最初はあまりメンバーに相談せず、案件を自己完結しようとしていたんです。しかし、開発案件をやり始めて、だんだん人と関わることが増えてきたんです。そうすると他部署と関わることが増えて、コミュニケーションを取らないと仕事にならなくて…。そうしているうちに、関わる方々の尊敬できる部分や自分と違ったワークスタイルが見えてきて、仕事が楽しくなりましたね。

D.T:

そうですね。Y.O君は、最初はミーティングでもあまり発言をしなかったのですが、今では発言をぐいぐいしてくれますよ。

Q. D.Tさんに質問です。部下への接し方で意識していたことはありましたか。

D.T:

本人が意思を持たない状態で、私に相談がきた場合は「サービスをつくる身として自分はどう考えるのか」ということを常に問いかけるようにしていました。働く姿勢として、自分なりの考えとこだわりを持って取り組んでほしいからです。
そして、自分の好きな業務をやってもらうのが1番成長すると思ってマネジメントをしてきました。もちろん、好きなことだけをする、という意味ではありませんよ(笑)苦手な案件は適切なサポートをしつつ、本人が得意な部分を伸ばすと、イキイキと良い仕事してくれるようになるんですよね。

Q. 就活生へ向けて、メッセージをお願いします!

Y.O:

就活のために取り繕った自分だと、なんとか面談を乗り越えても、結局は会社に合わない気がしますね。自分の本音で話して、それで縁があったところがやっぱり良いのではないかと思います。

D.T:

私は何社か転職していますけど、1社目で出来上がったアイデンティティのようなものは、転職した後も引き継がれていると思います。
なので、ぜひ自分に合う会社を頑張って見つけて欲しいですね。
表に出ている数字や業績よりも、現場の方が話す「社風」や「ビジョン」などを意識して見るといいと思います。できればそういった話を、社員の方と経営者の双方から聞くことも大事だと思いますね。