PEOPLE人を知る

クロストーク

お二人は、入社後に未上場企業向けの新規上場(IPO)を提案する部署を経て、現在は上場会社への提案もカバーする事業法人部に所属しています。
今回そんなお二人に、話を聞いてみました。

中途入社

M.M
2017年中途入社
大学卒業後に航空会社で客室乗務員として働く。
前職で培ったノウハウと金融の知識を用いて新しい価値を提供したいと考え、金融業界を志望。

新卒入社

S.M
2015年新卒入社。大学では経済学部で公共経済学を学び、地方創生における民間と行政の関わり方について研究。
ベンチャー企業を支援する仕事をしたいと考え、縁のあったSBI証券に入社。

Q. SBI証券に入社を決めた理由を教えてください。

S.M:

ベンチャー企業を支援する仕事をしたいと考えて様々な企業を見ていました。インターンや説明会を通して勉強していく中で、ベンチャー企業を支援する側もベンチャースピリットを持っていることが大切だと思い、最終的にSBI証券に決めました。

M.M:

前職で培った強みを他業界で活かしたいと思い転職を決断し、接客のノウハウと金融の専門知識を掛け合わせることで新しい付加価値を提供できるのではないかと思い、金融業界を志望しました。そのなかでも、SBI証券に入社を決めた理由は、長年金融イノベーターとして業界に変革をもたらしてきた点に魅力を感じたためです。

Q. 入社してから今日までを一言で言うと、どうでしょうか。

S.M:

「刺激的」ですね。
と言うのも、常日頃から社内外で色々なことが起きているからです。社外では、お客様が成長企業と言う事もあり、それぞれのお客様が様々な課題を抱えておられるので、それに合わせたご提案が出来るように日々奔走しています。
社内に目を向けると、様々な部署や機能が日々増え、進化しており、それに合わせて社内環境も変わり続けています。常に社内外の様々なことから刺激を受けて仕事をしていますね。

M.M:

一言で表すと「変化」ですね。
入社時と比較して、グループ全体の事業領域や組織編成など、あらゆる面で変化がありました。チャレンジ精神に富み、変化を恐れない組織のなかで私自身も常に新しい業務に挑戦させてもらい、毎日刺激を受けながら業務に励んでいます。

Q. 部署異動を経験した2人ですが、何か変化はありましたか。

S.M:

以前の部署では、企業の新規上場(IPO)に関する提案営業をしっかり経験することで知識をつける事が出来ました。今の部署は既に上場している企業への提案営業が中心ですので、上場企業のファイナンスについて学ぶ機会が増えましたね。その結果、自分ができるお客様への提案内容の幅も広がりましたね。
また、上場企業の経営者の方とお話しする機会が増えたこともあり、物事の捉え方がより広くなったように思います。

M.M:

SBIグループ各社の社員とコミュニケーションを取る機会が増えましたねS.Mさんも話していましたが、企業には様々なニーズがあり、そのニーズにお応えするために幅広い分野での提案をさせていただきます。その中でSBIグループ各社のシナジーを活用する機会もたくさんあります。グループ会社の方とやりとりする中で、以前よりもSBIグループの連携の強さを感じるようになりました。

Q. SBI証券の雰囲気を教えてください。

S.M:

経験が少なくても、意見を言えば自分の意見を聞いてもらえるような職場だと思います。内容が理にかなっているものであれば、もちろん採用もしてくれます。
あとは、仕事に対する熱意がありますね。どうやったらよりお客様にとってより良いサービスになるか、どうやったら競合他社に勝る提案が出来るのか、そんな話が自然発生的に起こってよくしています。

M.M:

優しい方が多いです。普段、案件を進めていくなかで課題に直面する場面は多々あります。そんな時に周囲の先輩方に相談をすると、親身になって話を聞いてくれます。些細なこともすぐに相談できる職場環境だと感じています。

Q. 今後の目標を教えてください。

S.M:

やはり、お客様にもっと貢献できるような人間になりたいですね。
そのためにも、「何かあったらS.Mに相談しよう」と思っていただけるような信頼関係を築いて行きたいです。将来的には日本や世界を変えていくようなお客様の案件に関わっていきたいですね。

M.M:

入社以降、様々な案件を通じてゼロから多くのことを学ばせてもらいました。恩返しの想いも込めて、これまで培ってきたものをプラスにして自分にしか提供できない「付加価値」を追求していきながら、今後お客様と会社に貢献していきたいと思っています。

Q. 就活生へ向けて、メッセージをお願いします!

S.M:

固定観念を持たないようにし、自分は何をしたいか、何のために働きたいか、を考えるようにしてみてください。1日の大部分を占める「仕事」だからこそ、働く意義を感じられる仕事を選ぶべきだと思います。辛いことがあった時も、最後の支えになるのはその想いではないでしょうか。

M.M:

自分は何をしたいのか、何に向いているのかなど、自問自答を繰り返す毎日を過ごしているかと思います。そんな時こそ、色々な人と会って話をして、自分の「心が動かされる瞬間」を見つけ出してみてください。就活生の今だからこそ、普段会えない人にも話を聞くことができるチャンスがあります。その機会をぜひ大切にしてください。