SBI証券

ただ投資するだけじゃもったいない!
ポイントをためながら楽しく投資しましょう

Point1 ポイントがたまる!

Tポイント

お取引に応じて
ポイントがどんどんたまる

詳しく見る

Vポイント

「Tポイント or Pontaポイント」と「Vポイント」がダブルでたまる!

クレカでの投資信託購入でポイントがたまる

詳しく見る

Point2 ポイントがつかえる!

Tポイント

100円分から投資信託の買付につかえる!

詳しく見る

※1 比較対象範囲は、国内主要証券10社です。「国内主要証券」とは、ネット証券口座開設数上位5社のSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券(順不同)と、対面証券営業利益上位5社の野村證券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(順不同)を指します(2021/8/20)時点、当社調べ)。

※2 三井住友カード経由の仲介口座且つVPass連携をされている方は、投資信託の購入に応じてのポイント付与だけでなく、投資信託の保有に応じてVポイントが付与されるため、他のポイントは付与されません。

Point1 ポイントがたまる!

お取引に応じてポイントがどんどんたまる お取引に応じてポイントがどんどんたまる

投資信託や国内株式、金・プラチナ・銀などの商品をお取引いただくことで、Tポイント、Pontaポイントをどんどんためることができます。
これらの商品でのお取引のほか、新規口座開設や国内株式の入庫等でもポイントがたまります。

  • ※ポイントをためるためには、あらかじめ「ポイントサービス」にお申込いただく必要がございます。
  • ※初期設定が完了していない場合、ポイントを獲得することができませんので、ご了承ください。
  • ※一部の仲介業者のお客さまにつきましては、ポイント付与対象外となりますのでご注意ください。
Tポイントサービスの詳細をチェック

※Pontaポイントは2021年11月提供開始予定です。詳細はサービス内容が確定次第、お知らせいたします。

マイレージなど ポイント獲得条件概要

国内株式手数料マイレージ
(国内株式現物取引)

  • Tポイント
  • Pontaポイント

スタンダードプラン手数料及び現物PTS取引手数料の月間の合計手数料の1.1%相当のポイント

詳細はこちら

投信マイレージ
(投資信託保有残高)

  • Tポイント
  • Pontaポイント

対象投資信託の月間平均保有額が、
1,000万円未満のお客様に年率0.1%相当のポイント
1,000万円以上のお客様に年率0.2%相当のポイント

詳細はこちら

金・銀・プラチナマイレージ
(金・銀・プラチナ取引)

  • Tポイント
  • Pontaポイント

スポット取引手数料、および積立買付手数料の月間合計手数料の1.0%相当のポイント

詳細はこちら

新規口座開設

  • 期間固定Tポイント
  • Pontaポイント

一律100ポイント

国内株式入庫

  • Tポイント
  • Pontaポイント

1回の移管入庫につき100ポイント
※異名義からの移管は対象外となります。
※同一日における複数銘柄及び複数証券会社からの入庫は、1回として計算します。

ポイント投資紹介プログラム
(どなたでも参加可能)

Tポイント

紹介された方が、新規でSBI証券の総合口座開設完了&開設後に「Tカード番号登録」完了するごとに、紹介した方にTポイントを5,000ポイントを進呈。

詳細はこちら

Tポイントと期間固定Tポイントについてはこちら

※エムスリー株式会社経由でお取引されているお客さまは、投信マイレージに関しては同社独自のポイント付与が行われます。また同社独自のポイント付与対象となるお客さまには、「SBI証券 Tポイントサービス」にお申込いただいていないお客さまも含まれます。

※新規口座開設で付与するTポイントは期間固定Tポイントになります。

クレカでの投資信託購入でポイントがたまる クレカでの投資信託購入でポイントがたまる

三井住友カードで、投信積立の買付金額をクレジットカード決済でお支払いいただけます。
お好きなファンドと購入金額(100円~5万円)の設定をすれば、あとは自動で投信積立が始まります。入金の手間や万が一の購入漏れがない資産形成の新しいスタイルです。

「Vポイント」と「Tポイント or Pontaポイント」

「Vポイント」と「Tポイント or Pontaポイント」が
ダブルでたまる!

クレカ積立の詳細をチェック

「三井住友カードのクレカ積立」サービス概要

サービス概要

投信積立の買付金額のお支払い方法として、三井住友カード発行のクレジットカード決済をご利用いただけるサービスです。

対象のお客さま

SBI証券の証券総合口座をお持ちのお客さま
※一部の金融商品仲介業者のお客さまは対象外です。
※法人口座は対象外です。

対象商品

当社取扱の積立買付が可能な投資信託

預り区分

特定口座、一般口座、一般NISA、つみたてNISA
※ジュニアNISA口座(特定/一般預り含む)は対象外です。

対象カード

三井住友カード発行カード
※銀聯、ビジネスカード、コーポレートカード、デビットカード、プリペイドカード、家族カードはご利用いただけません。

積立設定可能額

100円以上1円単位 上限50,000円
※つみたてNISA預りの場合、33,333円が上限となります。

積立設定締切日

毎月10日

積立申込日(発注日)

毎月1日(非営業日の場合は翌営業日)

カードのお支払日

毎月10日もしくは26日(非営業日の場合は翌営業日)
※三井住友カードの引落スケジュールに準じます。

Vポイント付与日

積立設定締切月の月末頃

ご注意事項

  • 積立設定時のボーナス設定はできません。
  • 積立コースは「毎月」、買付日は「1日」のみです。ただし、年初のみ第2営業日の買付となります。
  • つみたてNISA預りでは、決済方法は現金とクレジットカード決済の併用はできません。
  • 毎月14日のカード決済時に何らかの理由で決済できなかった場合、翌月の投信積立の発注は行われません。
  • 何らかの理由で投信積立注文がキャンセルになった場合であっても、積立購入額の請求は行い、銀行口座から引き落としは行います。次の14日に積立購入額分のマイナス売上を計上し、三井住友カードのスケジュールに則り、返金いたします。
  • 高島屋ファイナンシャル・パートナーズ株式会社の仲介口座から三井住友カードの仲介口座等に変更された場合、一時的にカード登録ができないケースがございます。
  • 三井住友カードの種類によってVポイント付与率が異なる場合があります。
  • 投資信託積立のご利用金額に応じてもらえるVポイントは、端数切り上げです。
  • クレカ積立のご利用金額は、各種カードの年会費割引条件となるご利用金額やボーナスポイント特典のお買物累計額の対象となりません。また三井住友カード プラチナプリファードの入会特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象となりません。

「Vポイント」についての詳細はこちら

Point2 ポイントがつかえる!

  • ① 100円分から投資信託の買付につかえる!
  • ② 利用できるポイント数には上限も下限もなし!(※1)
  • ③ ポイント利用のときは、買付代金の全部・一部どちらでも可能!
Tポイントサービスの詳細をチェック

※Pontaポイントは2021年11月提供開始予定です。詳細はサービス内容が確定次第、お知らせいたします。

ポイント投資 サービス概要

サービス概要

投資信託の買付代金にTポイントが利用可能
(「全部利用する」と「一部利用する」より使用するポイント数を指定可能)

対象サービス

金額指定の買付
(積立買付、口数買付は対象外)

ポイント利用単位

1ポイント1円分として利用可能

  • 利用上限:なし
  • 利用下限:なし

※1 「一部利用する」を選択し、利用するポイント数を指定する場合、1注文あたり99,999,999ptが上限となります。

対象銘柄

当社取扱の投資信託

対象ポイント

  • Tポイント
  • 期間固定Tポイント
  • Pontaポイント

注意事項

  • インターネット取引サービスでの買付が対象です。
  • ジュニアNISA口座における買付は対象外です。
  • 新規募集期間中の銘柄、外貨建MMFは本サービスの対象外です。
  • ポイント利用による投資信託のお買付の際も、各投資信託の最低買付金額に準じます。
  • 他ポイントから交換されたTポイントも投資信託のお買付にて利用可能です。

ご注意事項

口座開設に関するご注意事項

SBI証券の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

投資信託に関するご注意事項

投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
ご投資にあたっては、商品概要や目論見書等をよくお読みください。