SBI証券

待望の新ファンド誕生!超低コストインデックスファンド SBI・Vシリーズ

SBI・Vシリーズも対象!スタートダッシュキャンペーン クレカ積立のご利用で最大3.0%分のVポイントがもらえる 期間限定 早く始めるほどおトク!

SBI・Vシリーズとは

皆さまの長期の資産形成を応援する低コストのインデックスファンドシリーズです。

多くの方に選ばれて、
シリーズ残高3,000億円
突破!

SBI・Vシリーズ全体の純資産残高

SBI・Vシリーズ全体の純資産残高

  • 期間:2019年9月29日~2021年8月30日

SBI・Vシリーズの3つのポイント

うれしい低コスト

うれしい低コスト

投資パフォーマンスに影響を及ぼす信託報酬率が0.15%以下。※1

純資産残高3,000億円突破

純資産残高
3,000億円突破※2

多くの投資家の方々から評価いただいております!

世界最大級の運用会社バンガード社のETFが投資対象

世界最大級の運用会社
バンガード社のETFが投資対象

バンガードの運用資産残高は約7.2兆米ドルに上ります。
(2021年1月末時点)

  • ※1 SBI・Vシリーズの2021年8月30日時点の信託報酬率
  • ※2 SBI・Vシリーズの2021年8月30日時点の合計純資産残高

商品ラインナップ

SBI・V・S&P500インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・S&P500))

SBI・V・S&P500
インデックス・ファンド
(愛称:SBI・V・S&P500)

世界経済を牽引する米国を代表する企業500社の株式にまとめて投資します。

・マザーファンド受益証券への投資を通じて、主としてETF(上場投資信託証券)に投資し、S&P500指数(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

S&P500指数(円換算ベース)とは?
S&P500® とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが公表している、米国の代表的な株価指数の1つです。 ニューヨーク証券取引所、NASDAQ等に上場している銘柄から代表的な500銘柄を時価総額で加重平均し 指数化しています。なお、S&P500指数(円換算ベース)は、S&P500® をもとに、委託会社が円換算したものです。

・バンガードが運用する「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」を実質的な主要投資対象とします。

  • ※1 2020年1月1日~2020年12月31日に、当社取扱の国内公募株式投資信託(MMF/中F、公社債投信、外国籍投信、ETF/ETN、WEB非取扱ファンド、買付停止中のファンド、償還済みのファンド等を除く)に関する販売実績を基にSBI証券が集計。
  • ※2 2021年6月15日時点

設定日:6/29

SBI・Vシリーズに
新ファンドが登場 設定日:6/29

SBI・V・全米株式インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・全米株式)

SBI・V・全米株式
インデックス・ファンド
(愛称:SBI・V・全米株式)

世界経済を牽引する米国の企業約4,000社の株式にまとめて投資します。

・マザーファンド受益証券への投資を通じて、主としてETF(上場投資信託証券)に投資し、CRSP US トータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

CRSP USトータル・マーケット・インデックスとは、米国株式市場の大型株から小型株までを対象とし、投資可能銘柄のほぼ100%をカバーした時価総額加重平均型の株価指数です(2021 年3 月31 日現在)。なお、CRSP US トータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)は、CRSP USトータル・マーケット・インデックスをもとに、委託会社が円換算したものです。

・バンガードが運用する「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」を実質的な主要投資対象とします。

  • ※ 2021年5月28日時点

SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・米国高配当株式

SBI・V・米国高配当株式
インデックス・ファンド
(愛称:SBI・V・米国高配当株式)

世界経済を牽引する米国の企業のうち、高配当銘柄の株式に投資します。

・マザーファンド受益証券への投資を通じて、主としてETF(上場投資信託証券)に投資し、FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス(円換算ベース)とは?
FTSEハイディビデンド・イールド・インデックスとは、米国株式市場における高配当利回りの銘柄(除く、REIT)で構成される時価総額加重平均型の株価指数です。なお、FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス(円換算ベース)は、FTSEハイディビデンド・イールド・インデックスをもとに、委託会社が円換算したものです。

・バンガードが運用する「バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)」を実質的な主要投資対象とします。

  • ※ 2021年5月28日時点

SBI・Vシリーズをより詳しく知る

2021年6月17日(木)に、SBI証券では、「SBI・Vシリーズ」を設定・運用する"メーカー"であるSBIアセットマネジメント社梅本社長をお招きして、投資家の皆さまからの「SBI・Vシリーズ」への疑問やご意見にお答えするオンラインセミナーを開催いたしました。普段あまり聞くことのできない商品開発への思いや、商品についての詳細な解説を、社長自らご説明いただております

アーカイブ動画を見る

※YouTubeへ移動します。

全文書き起こし記事を見る(ログミー)

話題の新ファンド「SBI・Vシリーズ」
競合ファンドとの違い・強みを解説
※ログミー株式会社のウェブサイトに遷移します。

投資信託は「放っておける」のがいい?
長期の資産形成に「SBI・Vシリーズ」のすすめ
※ログミー株式会社のウェブサイトに遷移します。