びっくり!賞与をもらったのに手取り金額がどうしてこんなに少ないの?

経団連(一般社団法人日本経済団体連合会)によれば、大手企業の2018年夏の賞与は過去最高となった模様です。夏の賞与を受け取って嬉しいと思った人もたくさんいるかもしれませんね。一方で、賞与をもらった時に、額面で言われていた金額よりも手取り金額が少ないと感じた人もいるのではないでしょうか。今回は賞与を受け取った時に差し引かれる項目について着目し、賞与の使い方について一緒に考えてみましょう。

経団連による夏の賞与ランキング

経団連(一般社団法人日本経済団体連合会)の2018年夏季賞与の最終集計結果(加重平均)によれば、大手企業の平均妥結額は95万3,905円であり、前年比8.62%増だったそうです。90万円台となったのは4年連続であり、大手企業の業績が堅調であることがうかがえます。それでは、業種別に夏の賞与ランキングをみていきましょう。

最終集計結果で賞与が最も高かった業種は「建設」の161万7,761円で、第2位の「自動車」は106万1,566円、第3位の業種は「化学」で93万5,522円という結果でした。こうして見てみると、震災や五輪などの需要が拡大した建設業の賞与がいかに高水準だったのかがわかります。

また、2017年に比べて賞与の伸び率が高かったのは「鉄鋼」です。なんと増加率は17.71%でした。建設や自動車の需要が拡大すれば、その資材を支える鉄鋼の需要も増していきます。2017年の妥結額が65万4,122円に対して、2018年は76万9,943円だったことを見ると、業績好調であることがうかがえます。なお、「紙・パルプ」業界は前年より落ち込み、65万1,760円です。4.56%の減少と他の業界とは異なり厳しい状況となっています。新聞用紙などの需要が減少していることなどが要因の一つでしょう。

こうしてみてみると、好業績な業界ほど賞与額や賞与の増加率は高まっており、大きく差が開いていることがわかります。

賞与はこんなものが差し引かれるって知ってる

上記のように賞与が多かった企業もあれば、例年どおりという企業もあるはずです。会社員の場合は、社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料)、所得税が差し引かれます。なお、※40歳からは介護保険料も引かれます。

社会保険料は協会けんぽに加入している人の場合は下記のように計算されます。


・ 健康保険料
標準賞与額(賞与の合計額から1,000円未満を切り捨て)×健康保険料×1/2

・ 厚生年金保険料
標準賞与額(賞与の合計額から1,000円未満を切り捨て)×雇用保険料×1/2

・ 雇用保険料
賞与額×5/1,000
※(農林水産業や清酒製造業、建設業の人は賞与額×6/1,000となります)

また、所得税は下記の計算式で求めることができます。
・(賞与支給月前月の給与-社会保険料等)×(賞与に対する源泉徴収税額の算出率表の扶養家族の人数と金額をあてはめて算出した賞与の税率)

加えて、企業型の確定拠出年金、財形貯蓄、持ち株会が賞与は月給の2倍や3倍という契約を結んでいる人はその分も賞与から天引きされます。

こういった事情を知っておくと、賞与の額面に対して手取り金額が少なくてびっくりすることもないかもしれません。

賞与の手取り金額を実際に計算してみよう!

28歳会社員(女性)Aさんの場合、額面の賞与に対して手取り額がいくら位になるのか計算してみましょう。

☆例
28歳会社員(女性)のAさん
月給は25万円
賞与は額面50万円
扶養家族はなし

賞与(額面)

50万円

社会保険料

健康保険料

2万4,750円

厚生年金保険料

4万5,570円

雇用保険料

1,500円

所得税

1万7,470円

28歳会社員の独身女性Aさんの場合は、50万円の賞与に対して手取り金額は41万520円となりました。約9万円が差し引かれることになります。社会保険料等は適宜見直しが行われるため、ずっと同じ金額とはいえませんが、目安にしておくとよいかもしれません。

冬の賞与、決算賞与に向け計画的な資金計画を

このように賞与は額面どおり受け取れるのではなく、社会保険料や所得税などが差し引かれることがわかりました。賞与が多ければ多いほど、差し引かれる金額も増えていきす。今から冬の賞与がもらえたら何を買おうかな・どこに旅行に行こうかなと気持ちだけが先走るかもしれません。しかし、大事なのは手取りでいくら貰えるのかということです。

いくら額面金額が大きくても賞与明細の手取り金額をみてがっかりすることのないように、賞与も上記の項目が差し引かれるということを頭に入れて賞与の使いみちを検討するのがよいでしょう。

>>イデコについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【オススメ記事】
大人女子の華麗なる優待ライフ
離婚した後だけれど、別れた夫の年金をもらえるの?
エステ費用のためにローンを組むのって何がいけない?
結婚式資金を親から一括贈与してもらうってどういうこと?
妊娠・出産費用、いくらかかる?どうまかなう?