iDeCoを解約したいと思った時にはこのチェックリストを使って振り返りを

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」は老後のための資産形成方法のひとつといえます。しかし、そうと分かっていても短期間で利益を期待したい、毎月同じ金額を積み立てし続けるのも難しいと思う人もいるのではないでしょうか。そこで、iDeCoをやめたいと思った時に役立つチェックリストを作成しました。iDeCoをやめたいと思ったら、このチェックリストを活用し、自分のことを振り返ってみましょう。

iDeCoって解約できるの?

まず、iDeCoは一部例外を除いて原則解約したり、途中で引き出したりすることはできません。積み立てた資産は60歳になるまで引き出すことができないのです。一部例外で脱退一時金を受け取ることはできますが、基本的には60歳まで積み立て続けるものという認識を持ちましょう。

そうはいうものの、転職や結婚などによる退職など、女性にはライフイベントに応じて状況が変わりやすいのも事実です。そのため、今まではiDeCoの拠出をしていてもよかったものの、これまでと同じ金額で続けるのが難しくなったので解約したいと思う場面もあるかもしれません。

iDeCoを解約したいと思った時に振り返るチェックリスト

iDeCoを解約して資産を引き出すことは、めったにできないことは前述したとおりです。しかし、月々の拠出金額を変更することはできます。しかし、本当に拠出金額を変更してもよいのでしょうか。拠出金額変更が妥当なのかをどうかを考えるためにチェックリストを作成しました。質問に対して○か×で答えてみましょう。

  1. 毎月の拠出金額を5,000円に減額すれば積み立てを続けられそう
  2. 拠出を停止した場合でも口座管理手数料などがかかることを知らない
  3. 積み立て停止期間を自分の中で決めていない
  4. 携帯代など、毎月の固定費の見直しをしていない
  5. 最近、プチぜいたくが多くなった

いかがでしたでしょうか。それぞれの質問に対して、どのように回答ができましたか。

なぜイデコを解約したいと思ったのか自問自答を

先程のチェックリストをもとに、各項目の解説をしていきましょう。

1. 毎月の拠出金額を5,000円に減額すれば積み立てを続けられそう
あなたの毎月の拠出金額はいくらでしょうか。毎月1万円を拠出している人は5,000円に減額したら積み立てを続けることができる可能性もあるかもしれません。iDeCoは1年に1回限り、拠出金額を変更することができます。拠出金額の変更には手続きが必要ですし、手続き完了までには時間がかかることには注意が必要です。なお、iDeCoの毎月の最低拠出金額は5,000円となっています。

2. 拠出を停止した場合でも口座管理手数料などがかかることを知らない
iDeCoは毎月の拠出を停止したとしても、口座管理手数料を金融機関に支払わなければなりません。そのため、せっかくコツコツと増やした資産が運用次第で減るおそれもあるのです。

3. 拠出停止期間を自分の中で決めていない
iDeCoの拠出停止をするとしても、いつから拠出を再開するのかを決めていなければダラダラとそのままになってしまうおそれがあります。老後のための私的年金ですから、備えとして続けることが大切です。「家計の見直しができたら再開しよう」「いつかやるつもりだ」という気持ちだけでは再開しない可能性もありますので、「○月になったら再開するために家計のやりくりを抜本的に見直す」などの気持ちと行動が必要です。

4. 携帯料金など、毎月の固定費の見直しをしていない
実は家計の中で知らず知らずにかさばっているのは毎月の固定費です。たとえば、携帯料金などの通信費、光熱費、保険料など、見直せばもっとお得になる可能性もあります。iDeCoを解約したいと思う前に、まずは固定費の見直しを行い、本当に今の支払いが妥当なのかを検討することが先決です。

5. 最近、プチぜいたくが多くなった
最後はプチぜいたくです。「コンビニでついついお菓子を買ってしまう」「毎日コーヒーショップでコーヒーを買うのがやめられない」「タクシーに乗ってしまう」など、ちょっとしたぜいたくも積み上げると結構な金額になるのではないでしょうか。それが毎月の収支を圧迫する原因ならば、プチぜいたくしすぎのおそれもあります。すぐに収支の見直しを始めましょう。

このように、それぞれの項目の内容を具体的にチェックすることで、本当にiDeCoへの拠出を一時的にストップしなければならないのか考えることができます。このうえで、どうしてもストップしなければいけない事情があるならば、金融機関で手続きを行いましょう。

iDeCoの拠出をストップしたらこれまで積み立てた資産はどうなる?

やむを得ない事情でiDeCoの拠出をストップした場合、それまで積み立てた資産はどのようになるのでしょうか。運用自体がストップするわけではありません。今まで積み立てた資産の運用を指示するだけの「運用指図者」になることができます。

ただし、運用指図者になったとしても、上述したとおり毎月口座管理手数料等の手数料が発生するのが一般的です(金融機関によってトータルの手数料は異なります)。いずれにしても、毎月手数料がかかるわけですから、その金額以上の運用益をあげないと、資産は減ることになります。この点を認識し、拠出を停止している間も定期的に運用状況を確認するようにしましょう。

iDeCoとうまく付き合えるよう、金銭感覚を養おう

このようにiDeCoは原則解約することができない制度商品です。減額して運用を続けられる場合は金額変更手続き、どうしても一時的に拠出をストップしなければいけないなら停止の手続きが必要になります。しかし、iDeCoは老後のための私的年金でもありますから、本当に拠出をストップしなければならないのかよく考えることが肝心です。そのため、iDeCoを解約したいなら、まずは毎月の収支を見直し、無駄遣いをしていなかったかどうか自分の行動を振り返るようにしましょう。無駄遣いがもとでやめることのないように、日ごろから金銭感覚を養い、老後のための資産形成を行いたいものです。

>>イデコについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【オススメ記事】
確定拠出年金で選べる金融・投資商品はどんなものがあるのか
個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)の注意点と賢い使い方は?
私は強気派、夫は弱気派。2人が組むべきiDeCo(イデコ)のポートフォリオは?
これであなたもマネー女子!いくらiDeCo(イデコ)に積み立てている?
iDeCo(イデコ)の運用をするのに手数料ってかかるの?