公務員1年生女子が少額積立をスタートするならiDeCo(イデコ)、NISA、定期預金、何がいいの?

安定を目指して公務員になったものの、日本の経済成長率の低迷、高齢化社会などの問題から、自分の将来に不安を抱くこともあるのではないでしょうか。公務員1年生でまだお給料が少なくても、将来のためにできることはたくさんあります。そこで、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」、「NISA(ニーサ)」、定期預金など少額積立可能な商品を例にどのような資産形成が出来るのかを一緒に考えてみましょう。

20代から少額積立を始めたほうがよい理由

お給料が増えたら貯蓄をしようと考えていたとしても、現代は終身雇用や年功序列の社会ではなくなりつつあるため、お給料が増えるという確証は誰にも持てません。加えて、日本は今歴史的な低金利が続いていることから円預金だけではなかなか資産が増えづらい状況にあります。そのため、将来の自分のことを考えて資産形成を進めていく必要があるのです。少額でも今すぐに積み立てを始めておくのがよいでしょう。資産形成の基本は、時間を味方につけて複利効果で増やしていくことです。

例えば、23歳から毎月1万円ずつ10年間積み立てた場合と、28歳から毎月2万円ずつ5年間積み立てた場合では、どのくらいの差が出るのかを考えてみましょう。1%の1年複利を前提に税引き前で試算をしてみました(単位は円)。積立総額はどちらも120万円ですが、長期間にわたって積み立てているほうが多く利益を上げていることがわかります。

※試算結果はあくまでシミュレーションであり、投資成果を保証するものではありません

では、どんな手段を用いるのがよいのでしょうか。大きく増やすための収益性も重要ですが、ここでは少額積立できるものを考えてみます。

公務員ならiDeCo(イデコ)に加入を検討しよう

2017年1月から、公務員も私的年金である個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」に加入できるようになりました。iDeCoで拠出した掛け金は、元本確保型商品(定期預金、保険)と投資信託の中から自分で商品を選定して運用します。

iDeCoには次のような3つの税制メリットがあります。
・ 掛け金が全額所得控除の対象になり、所得税・住民税が軽減される
・ 運用益が非課税になる(本来20.315%の税率で所得税、住民などが課税される)
・ 一時金で受け取る場合は退職所得控除の対象に、年金で受け取る場合は公的年金控除の対象になる

公務員の場合、毎月の掛け金は、5,000円から1,000円単位で1万2,000円まで自由に設定できます。また、掛け金は年に1度変更することが可能です。拠出金額の上限が低いものの継続的に長期間積み立てることによって時間が味方してくれます。早く始めるほうがその効果を得やすいため、20代からの資産形成には有効な手段のひとつだといえます。

増やせる資産ならNISAで運用し、資産形成を

株式や投資信託から得られる運用益には通常20.315%の税率で所得税などが課税されますが、NISA口座を利用するとそれらが非課税になります。20歳以上の人が開設できるNISAは「一般NISA」と「つみたてNISA」の2種類があります。一般NISAの年間積立上限額は120万円で、非課税期間は5年です。つみたてNISAの年間積立上限額は40万円で、非課税期間は最長20年です。NISAとつみたてNISAの併用はできません。どちらか一方を選んで運用することになります。

また、「つみたてNISA」で購入できる商品は、金融庁が長期投資に適していると判断した公募株式投資信託とETF(上場投資信託)に限定されているため、投資初心者にとって商品を選びやすい制度といえます。5年後や10年後に向けて資産形成をしていきたいと考えるのであれば、NISAやつみたてNISAを活用するのがよいでしょう。

数年以内に使うなら定期預金でコツコツ。

iDeCoで積み立てたお金は、原則として60歳まで現金化できません。NISA口座で積み立てたお金は、いつでも現金化できます。しかし、値動きのある商品で運用するため、現金化したいタイミングで必ずしも利益が期待できるかどうかはわかりません。そのため、数年以内の資金使途金は定期預金などで積み立てておくほうがよいでしょう。

定期預金の中でも、積立定期預金であれば定期的に自動振替が行われて定期預金が設定されるので、定期預金の設定を忘れる心配がありません。ただし、積立定期預金は満期前に解約した場合、適用される利率は定期預金ではなく普通預金金利になるのが一般的です。商品性をよく確認しておくのがよいでしょう。

お給料が増えたらと思わず、少額からコツコツと積み立ててみてください。

目的に応じてiDeCo(イデコ)やNISA(ニーサ)を活用して少額積立を始めよう

ここまで、少額積立ができる制度や商品について説明をしてきました。20代という若い世代から少額積立を始めることで、毎月の収入のやりくりも上手になるかもしれません。また、長期的には時間を味方につけてコツコツと資産を増やしていくことができます。公務員でもiDeCoでの運用をスタートできるようになりましたから、目的に応じてまずは少額から検討してみてはいかがでしょうか。

>>イデコについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【オススメ記事】
確定拠出年金で選べる金融・投資商品はどんなものがあるのか
個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)の注意点と賢い使い方は?
私は強気派、夫は弱気派。2人が組むべきiDeCo(イデコ)のポートフォリオは?
これであなたもマネー女子!いくらiDeCo(イデコ)に積み立てている?
iDeCo(イデコ)の運用をするのに手数料ってかかるの?