IFAビジネスを始める方へ、SBI証券という選択。IFAビジネスを始める方へ、SBI証券という選択。

お知らせ7/20(土)株式会社Fan×株式会社SBI証券共催 IFAビジネス説明会を開催いたします。

今後ニーズがさらに増す IFA

IFA(金融商品仲介業)とは、Independent Financial Advisorの略で、特定の証券会社に属さず、独立・中立的な立場から、投資家であるお客様のニーズに応じた資産運用のアドバイスを行う、金融分野のスペシャリストです。

既に海外ではIFA制度の利用が広がっていますが、日本においても少額投資非課税制度(NISA)の普及などにより、中長期にわたる資産運用ニーズが高まってきており、特定の証券会社に縛られず、中立的なアドバイスを行うIFAを利用した投資が広がりつつあります。

また近年、フィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)の徹底が求められる中、今後IFAが果たす役割はますます重要になっていくでしょう。

SBI証券の万全のサポート体制

契約前から営業が軌道に乗った後まで
丁寧にサポートいたします。

登録に限らず、契約には多くの手続きが必要です。そして、手続きにはそれぞれの書類を用意しなければなりません。手続きの煩雑さから、IFAへの第一歩を踏みとどまる人も少なくありません。このような契約前につまずきがちな部分について、SBI証券では丁寧なサポート体制を敷いています。 契約前から営業が軌道に乗った後まで丁寧にサポートいたします。
登録に限らず、IFA(金融商品仲介業)になるための契約には多くの手続きが必要です。そして、各手続きにはそれぞれの書類を用意しなければなりません。
手続きの煩雑さから、IFA(金融商品仲介業)への第一歩を踏みとどまる人も少なくありません。このような契約前につまずきがちな部分から営業開始後まで、SBI証券では丁寧なサポート体制を敷いています。

SBI証券がしっかりサポート

契約前の準備段階
セミナー・個別面談によるご説明
契約書類の作成サポート
業務委託契約時
金融商品仲介業導入研修
システム導入サポート
コンプライアンス・サポート
営業開始後
IFAビジネス専門の相談窓口
IFA専用のWebサービス
IFA専用のコールセンター
主要都市に配置された経験豊富
なサポート要員

SBI証券を選ばれた方の声

SBI証券を選ばれたIFAの皆様からいた
だいた評価をご紹介。

SBI証券が選ばれる3つの理由

SBI証券が選ばれる理由 その①

充実したバックアップ体制
SBI証券では契約準備から営業開始後まで全面的にサポートいたします。
IFA専用の担当者がいるため、お困りのことがあればお気軽にお問い合わせいただくことができます。さらに、IFA専用のコールセンターもございますので、IFAが外出の時など、コールセンターへお問い合わせいただければ、お客様やIFAのサポートが可能です。IFAのみなさまには安心して営業活動に専念していただけます。
総合評価イメージ

SBI証券が選ばれる理由 その②

魅力的な報酬体系
IFAのみなさまの営業努力が無駄にならないように、実績に応じた柔軟な報酬体系を導入しております。また、初期費用含むランニングコストなどを一切いただいておりません。IFAのみなさまが速やかに活動開始いただけるような環境作りを提供いたします。
総合評価イメージ

SBI証券が選ばれる理由 その③

豊富な商品ラインナップ
国内外の株式に加え、数多くの投資信託や債券など、豊富な商品ラインナップを取り揃えております。さらにSBI証券だからこそ取り扱える「SBI債」や「IPO」などの魅力的な商品もございます。また、インターネットでは取り扱いのない、「外国籍投信」や「私募債」の取り扱いもございます。
これらの多彩な商品で、質の高いポートフォリオをお客様にご提案することが可能です。
総合評価イメージ

IFAビジネス担当者ごあいさつ

SBI証券は真の金融ビジネス拡大のため、
IFAの活動を全力サポートいたします

SBI証券 執行役員 IFAビジネス部長 金井 昌樹SBI証券 執行役員 IFAビジネス部長 金井 昌樹
SBI証券
執行役員
IFAビジネス部長

金井 昌樹

SBI証券はインターネットを通じて、株式投資を誰もが参加できる身近なものにいたしました。一方で投資信託や債券へのお取引は商品内容の複雑さから、対面によるアドバイスが欲しいとのお客さまからのご要望も根強くあり、これにお応えするため、お客さまの利益を第一に考える全国の金融商品仲介業者(以下IFA)と提携しております。

日本の金融商品仲介業は、2003年の証券取引法改正により「証券仲介業」が創設され、その後2007年の金融商品取引法の改正で「証券仲介業」が「金融商品仲介業」に変更され現在に至っています。これは米国のインデペンデント・コントラクター(独立契約型営業マン)が活躍していることを参考に、会計士・税理士・独立系ファイナンシャルプランナー・保険代理店等がIFAとして参加することにより金融商品の販売チャネルが多様化し長期性の貯蓄資金を金融商品市場に導入させることが背景にあります。IFAは金融分野のスペシャリストであり金融商品以外の業務にも精通している方が多いため、個々のお客さまの様々なニーズにお応えできます。米国では特定の会社に所属せず独立したIFAにアドバイスを受け資産運用を行うことが当たり前になっております。

現在、日本の金融商品仲介業の認知度は決して高いとは言えませんが、SBI証券の持つIPO・POを含む国内外株式や取扱銘柄数業界No.1の投資信託などの商品提供力をバックにお客さま満足度の向上が図られ、ひいてはIFAの知名度アップにつなげて行きたいと考えています。また金融商品市場の拡大は米国と同様にIFAの存在が欠かせないものになっていくと確信しております。SBI証券ではIFAの皆様にIFA専用のツールを通じて、幅広い商品と情報提供を行っております。また、他社にはないIFA専用のコールセンターを設けるなど、東京、大阪、名古屋、福岡の専属スタッフが、真の金融ビジネス拡大のため、IFAの活動を全力でサポートいたします。

IFAインタビュー

IFA(金融商品仲介業)の方がどのような経歴なのか、
どのようなきっかけでIFAになったのかを知ることができます。

IFAコラム

IFA(金融商品仲介業)を理解できる&
投資に役立つコラムを随時更新いたし
ます。

IFAビジネスのお問い合わせ
IFA(金融商品仲介業)契約のご質問・ご相談(お申込み)は
お問い合わせフォームよりお願いいたします。
topへ