新NISAで日経平均は堅調?年後半相場の物色ポイントは?

新NISAで日経平均は堅調?年後半相場の物色ポイントは?

投資情報部 淺井一郎 栗本奈緒実

2024/07/09

日経平均、約3ヵ月ぶりに最高値を更新!米株も好調

7月第1週(7/1-7/5)の日経平均は、前週末比1,329円29銭高(+3.36%)となり、週足ベースで続伸。2週間の上昇幅は2,300円超に上り、7/4(木)は過去最高値を約3ヵ月ぶりに更新しました。週初は前週に続き、金融等を中心としたバリュー株が上昇をけん引。また、ドル高円安水準が維持されたことで、輸出関連株への買いも継続した形です。週半ば以降は、米テック株の上昇が追い風となり、半導体関連株などに買いが入りました。

同期間の米国市場も好調で、期中のS&P500とナスダックは4日続伸し、7/5(金)に最高値を更新。期中の景況指数が弱含みとなったことや、6月雇用統計で労働市場の減速感が示され、FRBによる年内利下げ開始観測が強まりました。金利先物市場では、9月利下げ開始観測が、58%(6/28)→72%(7/7)まで上昇しています。

日経平均株価採用銘柄の騰落率上位(6/28~7/5・図表7)の首位は、フリマアプリ大手のメルカリ(4385)でした。特筆すべき新たな動意材料はありませんでしたが、5日続伸し、合計20%超の大幅高となりました。また前週に続き、防衛銘柄のパフォーマンスも堅調で、三菱重工業(7011)、IHI(7013)、川崎重工業(7012)が揃ってランクイン。地政学リスクの悪化のほか、11月米大統領選でトランプ元大統領が当選するとの見方が強まったことが影響したもようです。同氏は、欧州や日本に軍事費の負担増を求めており、防衛関連株に思惑買いが入りました。アップル株が上昇し、部品を供給するSCREENホールディングス (7735)や太陽誘電 (6976)も連れ高した格好です。

日経平均株価採用銘柄の騰落率下位(6/28~7/5・図表8)の首位は、レーザーテック(6920)でした。空売りファンドに不正会計疑義を指摘されていた中、6/28(金)に7月付でのCFO交代を発表。会社側は疑義を否定しているものの、不安感から売りが生じたもようです。

7月第2週(7/8-12)の日経平均は、下落スタート。調整が続いたほか、ETFの分配金捻出のため8日(月)と10日(水)に1兆円強の売り需要が発生するとの予想が広がったことが重しとなりました。しかし、S&P500やナスダックが最高値を更新したことで、リスクオンムードが拡大。7/9(火)は上昇して寄り付いた格好です。週内は、パウエルFRB議長証言や米銀行決算、インフレ指標の発表など重要イベントが目白押しで、それらの動向に注目が集まる展開が予想されます。

図表1 日経平均株価およびNYダウの値動きとその背景

図表2 日経平均株価

図表3 NYダウ

図表4 ドル・円相場

図表5 主な予定

図表6 日米欧中央銀行会議の結果発表予定

図表7 日経平均株価採用銘柄の騰落率上位(6/28~7/5)

図表8 日経平均株価採用銘柄の騰落率下位(6/28~7/5)

新NISAで日経平均は堅調?年後半相場の物色ポイントは?

2024年の株式市場も早くも後半戦に突入しました。本稿では前半戦(1-6月期)の相場を振り返り、後半戦に向けた注目ポイントを考察していきます。

まず、1-6月期の日経平均騰落率は+18.3%。年初から株高基調が続き2/22にはバブル崩壊前の高値38,915円を突破し、更に3/22には40,888円(騰落率+22.2%)に達しました。1-3月期の日経平均騰落率は+20.6%と高い上昇率となった一方、4-6月期の騰落率は▲1.9%と上昇が一服しました。

もっとも7月に入ると日経平均は再び株高基調となり、7/2(火)に40,000円の大台を回復すると、7/5(金)には一時41,000円台に乗せました。今年は新NISA元年で、年初から個人投資家の新規マネー流入が株式市場の話題となりました。6月はサラリーマンの賞与支給時期に加え、今年は定額減税が行われたこともあり、このタイミングで新NISAを通じたマネー流入が活性化した可能性があります。

また、投資部門別売買動向を見ると、海外投資家の日本株買い(現物株)は、6月第4週に6週間ぶりに買い越しに転じました。春先以降、停滞気味にあった海外投資家による日本株物色が再び動き始めた可能性があります。7月から8月の国内市場は、売買代金が低調になるなど市場エネルギーが不足しがちですが、今年は例年と少し様相が異なる可能性があり要注目です。

図表9 日経平均株価(日足)

次にセクター別の物色動向を見てみます。図表10は東証株価指数(TOPIX)をベースに、東証業種別指数の騰落率を一覧にしたグラフです。2024年6月末までの年初来業種別騰落率で上位を占めているのは、保険(1位)、銀行(3位)、証券・商品先物(4位)などの金融株です。米国金利の上昇や、日銀が3月に実質マイナス金利政策の解除に踏み切るなど、少しずつ金融引き締めへと舵が切られる中、内外の金利上昇が追い風になっていると見られます。また、石油・石炭(2位)、鉱業(8位)などのエネルギー関連、非鉄(5位)、卸売(総合商社、6位)など資源関連業種も堅調でした。

一方、騰落率の下位は繊維(30位)、パルプ・紙(31位)などの素材業種、空運(32位)や陸運(33位)などの運輸関連業種など、景気変動の影響を受け難いディフェンシブ業種が相対的に低調となりました。このうち、運輸関連はコロナ禍で大きく落ち込んだ業績が、経済正常化と共に回復しましたが、その業績回復の動きが一服してきたことが嫌気されていると見られます。

輸送機(11位)は24年3月までの騰落率が+35.9%と業種別でトップの騰落率だったものの、4-6月期が低調に推移し順位を落とすことになりました。春先以降、海外投資家による日本株買いの動きが一服したことや、一部自動車メーカーによる『型式指定』と呼ばれる認証制度における不正問題などが株価の重石になったと考えられます。後半相場では不正問題による影響一巡と海外投資家による日本株買いの動きを手がかかりに、株価の巻き返しを期待したいところです。

図表10 東証業種別指数の騰落率

最後、図表11は日経平均採用銘柄(225銘柄)をベースにした個別銘柄の騰落率で、前半の騰落率上位と下位の銘柄を掲載しました。同表では24年6月末の騰落率と共に、1-3月期、4-6月期騰落率を表記しました。1-6月期の騰落率1位はフジクラ。1-3月期、4-6月期でも1位となっており、まさに上半期の株式市場をリードし続けた銘柄と言えるでしょう。同社と古河電気工業(騰落率6位)は電線大手の一角であり、光ファイバーケーブルなどデータセンター向けの投資拡大期待が業績拡大に寄与しています。生成AI(人工知能)関連の日本株で人気化した銘柄と言えます。

また、騰落率上位には三菱重工(2位)、川崎重工(4位)、IHI(10位)といった重工株や日本製鋼所(8位)など、防衛関連銘柄が堅調に推移しました。ロシアによるウクライナ侵攻が長期化していることに加え、イスラエルによるパレスチナ・ガザ地区への侵攻など、地政学リスクが意識されたと思われます。また冒頭でご説明したように、11月米大統領選でトランプ元大統領が当選するとの見方が強まったことが影響したもようです。

騰落率3位は三越伊勢丹HD。コロナ禍からの経済正常化、円安進展を背景に訪日外国人旅行者の回復が続く中、インバウンド関連銘柄として、根強い物色が続いています。

一方、ハイテク・半導体関連銘柄ではディスコが1-6月期騰落率の上位(9位)にランキングされていますが、同セクターにおける代表銘柄ともいえる東京エレクトロン(同39位)やアドバンテスト(同44位)については、思ったほど?騰落率が高くありませんでした。これらの銘柄は1-3月期の上昇相場では、相場のリード役でしたが、4-6月期は高値警戒感などから上値の重い展開になった模様です。もっとも、米国ではAI関連を筆頭にハイテク関連銘柄が堅調に推移しており、日本のハイテク株にも再び物色が戻る可能性がありその株価動向が注目されるでしょう。

図表11 日経平均採用銘柄の騰落率

新着記事(2024/07/09)

信用取引のご注意事項

信用取引に関するリスク

信用取引は、差し入れた委託保証金額の約3倍の取引を行うことができます。そのため、現物取引と比べて大きなリターンが期待できる反面、時として多額の損失が発生する可能性も含んでいます。また、信用取引の対象となっている株価の変動等により、その損失の額が、差し入れた委託保証金額を上回るおそれがあります。この場合は「追加保証金」を差し入れる必要があり状況が好転するか、あるいは建玉を決済しない限り損失が更に膨らむリスクを内包しています。
追加保証金等自動振替サービスは追加保証金が発生した際に便利なサービスです。

信用取引の「二階建て」に関するご注意

委託保証金として差し入れられている代用有価証券と同一銘柄の信用買建を行うことを「二階建て」と呼びます。当該銘柄の株価が下落しますと信用建玉の評価損と代用有価証券の評価額の減少が同時に発生し、急激に委託保証金率が低下します。また、このような状況下でお客さま自らの担保処分による売却や、場合によっては「追加保証金」の未入金によって強制決済による売却が行われるような事態になりますと、当該株式の価格下落に拍車をかけ、思わぬ損失を被ることも考えられます。よって、二階建てのお取引については、十分ご注意ください。

ご注意事項

・ 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社、および情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製、または販売等を行うことは固く禁じます。

・ 必要証拠金額は当社証拠金(発注済の注文等を加味した証拠金×100%)-ネット・オプション価値(Net Option Value)の総額となります。

・ 当社証拠金、およびネット・オプション価値(Net Option Value)の総額は発注・約定ごとに再計算されます。

・ 証拠金に対する掛け目は、指数・有価証券価格の変動状況などを考慮のうえ、与信管理の観点から、当社の独自の判断により一律、またはお客さまごとに変更することがあります。

・ 「HYPER先物コース」選択時の取引における建玉保有期限は原則新規建てしたセッションに限定されます。なお、各種設定においてセッション跨ぎ設定を「あり」とした場合には、プレクロージング開始時点の証拠金維持率(お客さま毎の証拠金掛目およびロスカット率設定に関わらず必要証拠金額は証拠金×100%で計算)が100%を上回っていれば、翌セッションに建玉を持ち越せます。「HYPER先物コース」選択時は必要証拠金額は証拠金×50%~90%の範囲で任意に設定が可能であり、また、自動的に決済を行う「ロスカット」機能が働く取引となります。

先物・オプションの証拠金についてはこちら(日本証券クリアリング機構のWEBサイト)

・ 指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。

・ 日経平均VI先物取引は、一般的な先物取引のリスクに加え、以下のような日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物取引の売方には特有のリスクが存在し、その損失は株価指数先物取引と比較して非常に大きくなる可能性があります。資産・経験が十分でないお客さまが日経平均VI先物取引を行う際には、売建てを避けてください。

・ 日経平均VIは、相場の下落時に急上昇するという特徴があります。

・ 日経平均VIは、急上昇した後に数値が一定のレンジ(20~30程度)に回帰するという特徴を持っています。
日経平均VIは、短期間で急激に数値が変動するため、リアルタイムで価格情報を入手できない環境での取引は推奨されません。

・ 指数オプションの価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。買方が期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、指数オプション取引は、市場価格が現実の指数に応じて変動しますので、その変動率は現実の指数に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失を被る危険性を有しています。

・ 未成年口座のお客さまは先物・オプション取引口座の開設は受付いたしておりません。

・ 「J-NETクロス取引」で取引所 立会市場の最良気配と同値でマッチングする場合、本サービスをご利用いただくお客さまには金銭的利益は生じないものの、SBI証券は委託手数料を機関投資家から受け取ります。

・ J-NETクロス取引の詳細は適宜修正される可能性がありますのでご留意ください。