「将来」発生する相続に備えたい方

相続税の軽減対策

相続税を軽減するには相続財産の評価額を下げる方法や
相続財産そのものを減らすなどさまざまな節税対策があります。

相続税の負担におけるよくある悩み

  • 資産を減らして将来の相続税を軽減したい
  • 相続税は累進税率のため、
    財産額が大きければ大きいほど税負担が重くなります。

ケーススタディ

~生命保険を活用して相続税を軽減~

A氏は相続財産の中に現金が少なかったため、事前に生命保険に加入していました。
A氏が亡くなった後、相続が発生しましたが、相続税の非課税枠を利用できたため、受け取った保険金には相続税は、一切掛からず2,000万円は納税資金に充てる事ができました。

図:生命保険を活用して相続税を軽減 図:生命保険を活用して相続税を軽減

個別の税務や遺言書の作成等、
当社における相続手続き以外のご相談は
税理士等、各専門家へお問い合わせください。

相続特設サイト TOP