iDeCoの商品の選び方

iDeCoでの運用と商品選びのポイント

iDeCoはどの商品で運用するかによって将来受け取る金額が大きく変わる可能性があるので、商品選びはとても重要です。
“運用の収益に対して通常かかる約20%の税金がすべて非課税になる”というメリットを最大限に生かすためにも、まずはiDeCoでの運用の基本をチェックし、ご自身に合った運用方法をしっかりと検討しましょう!

まずはこれだけ!

押さえておきたい、iDeCoでの運用のキホン

iDeCoで「運用する」
ってどういうこと?

iDeCoは拠出した掛金や移換金をご自身で運用し、その運用成果によって将来の受取額が決まります。掛金で買付する商品はiDeCoの商品ラインナップから選ぶようになっており、複数の運用商品を組み合わせて運用したり、途中で運用する商品を変更したりすることも可能です。
iDeCoの運用商品には、投資信託や定期預金などがあります。

定期預金とは

あらかじめ金利と満期までの期間が提示されており、満期まで預けると提示分の金利がつく商品です。銀行などでの取引で馴染みがある、という方も多いのではないでしょうか。
途中で解約すると当初提示された金利より低くなってしまうことがありますが、元本は保証されます。

投資信託とは

投資家から集めた資金で一つの“ファンド”を作り、プロが運用してくれる商品です。
たくさんの資金をまとめて運用するため、少額からでも分散投資ができることから、初心者でもはじめやすい投資の方法です。
投資信託には株や債券、REIT、金などさまざな商品に投資するものがあり、自分の運用スタイルに合ったファンドを選ぶことができます。投資している資産の値動きによって毎日基準価額が変わるので、運用結果次第では投資した元本が増えたり、減ったりします。

運用商品の選択・変更のタイミング

運用商品の選択や変更は申込完了後に届くID・パスワードを使ってiDeCoの加入者専用サイトにログインし、WEB上から行います。
掛金については申込時に届く書類で事前に商品と投資する比率の設定をすることも可能です。掛金・移換金でどの商品を買付するかは、1%単位で指定します。
保有している商品を売却・解約し、別の運用商品の買付を行うこと(スイッチングといいます)も可能です。スイッチングはご自身のタイミングで何度でも行うことができます。

運用商品選びの基本の考え方は?

商品によって、予想されるリスクとリターンは異なります。一般的には、リスクが高い運用商品ほどリターンも大きく、リスクが低い運用商品ほど得られるリターンも低い傾向にあります。
iDeCoで運用する際、ご自身がどれくらいの値動きの幅を許容できるかを考えて、運用商品を選択する必要があります。

基本的には定期預金、債券、株式の順に値動きの幅は大きくなります。
ある程度の値動きを許容できるのであれば、株に投資する投資信託の割合を増やし、反対に値動きを押さえた運用を希望する場合は、債券に投資する投資信託の割合を増やすのが一般的です。
また、資産が目減りしないように運用したい、という場合は定期預金のみで運用することも可能です。
ただし、どの金融機関でiDeCoの口座開設をしても毎月一定の口座管理費がかかるため、コスト以上のリターンがない場合は資産が目減りしていきます。

運用益が非課税になる、というメリットがあることも考えると、iDeCoで少額でも良いので投資信託を買付してみて、慣れてきたら投資信託の比率を増やしていく、というのも一つの選択肢かもしれません。
長期積立投資は時間分散と複利の効果から資産形成に適した投資手法といわれていますので、受取年齢まで引き出しのできないiDeCo口座だからこそ、時間を味方について運用してみてはいかがでしょうか。