iDeコラム

iDeCoに関する「知っておきたいハナシ」や
ニュースを
SBI証券iDeCoチームが
コラムとしてお届けします!

第5回 iDeCoは誰でもオトクに活用できるってホント?

コラム

SBI証券

SBI証券 iDeCoチーム

そもそもiDeCoの加入できる条件ってなんでしょうか?確認してみましょう。
◎原則20歳以上60歳未満の「国民年金」を納めている方
(企業型確定拠出年金に加入している一部の会社員などを除く)

つまり、現役世代のほとんどの方が加入できるんです!
そして雇用形態の違いでの制約もありません。自営業・正社員・派遣社員・アルバイト・パートタイム・公務員・専業主婦(夫)・・・み~んなiDeCoを活用することができます。

し・か・も2022年には法改正が控えており、現在ではiDeCoに加入することができない「企業型確定拠出年金に加入している一部の会社員」の方も、2022年10月からは要件が緩和されて、iDeCoに加入することができるようになります。
ご参考コラム:【トピックス】大注目!2022年iDeCo法令改正~重要ポイントをピックアップ~

第4回コラムで「所得控除」についてお話しましたが、全国民がオトクに将来の自分のために活用できる制度なら、使わない手はないですよね。もしかしたら、親友のあの子も、隣の席のあの子もすでにやっているかも!?

所得控除がとってもオトクなので、iDeCoを活用している方の中には、毎月もっとたくさん積立てしたいのに~!と言っている方もいます。たくさん積立てすればいいじゃない?と思いますよね、でも残念ながらできないんです。
iDeCoは、毎月積立てができる上限金額が法律によって決められています。

【職業別】iDeCo掛金額の月額上限一覧】

DC=確定拠出年金

こちらの図のように、上限額の範囲内で、5,000円以上1,000円単位でご自身で金額を決められます。もちろん途中で金額変更もできますし、今は積立てがちょっとキツイな・・・という場合には、一時停止することもできます。そしていつでも再開できます。

じぶんだったら毎月どのくらい積立ができるかシミュレーションしてみましょう!こちら

ただし、60歳までは資金を引き出して使うことはできません。その代わりのすごい税制優遇なのです。
税金の面だけを見れば、老後のため!と割り切って積立てをするには、iDeCoほどいい制度は他にはありません。ただしいつでも使えるお金ではありませんので、ご自身のライフプランなどによって、金額変更や一時停止なども駆使しながら、末永~く、きちんと続けていきましょう♪

SBI証券では、15年を超えるiDeCoの実績があります。
いままでも、これからも、みなさまの将来のための資産形成を、SBI証券は応援しています!


iDeコラム一覧

iDeCoイデコ(個人型確定拠出年金)に関する
お問い合わせ

SBI証券iDeCo(個人型確定拠出年金)
サポートデスク

固定電話0120-581-214

携帯03-5562-7560

ガイダンス内容

※ダイヤル回線の方は、お電話がつながり次第、トーンボタンまたは*ボタンを押し、トーン信号に切り換えてご利用ください。

1番

iDeCo(個人型確定拠出年金)の新規お申し込みに関するお問い合わせ

2番

iDeCo(個人型確定拠出年金)のその他のお問い合わせ

  • ※平日および土曜日、日曜日(年末年始、祝日を除く)8:00~17:00
  • ※土曜日、日曜日は新規加入のお問い合せのみ承ります。
  • ※給付のご請求、掛金の還付、Webサイトでの運用指図や操作の方法、IDおよびパスワードの再交付、個人別管理資産の残高等については、SBIベネフィット・システムズ0120-652-401(つながらない場合は03-6435-5522)へ月曜日~土曜日10:00~18:00にお問い合わせください。
    なお、土曜日は加入者サイトに関するお問い合わせのみ承ります。
  • ※オペレータが対応するダイヤルにつきましては、サービス向上などのため、通話内容を録音させていただきます。
  • ※インターネット取引の匿名性に配慮し、口座名義人ご本人様以外の方(ご家族の方を含む)の口座のご利用、ならびに個別のお取引に関するお問い合わせはお断りさせていただきます。

ご注意事項

<投資信託に関するご注意事項>

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。

<その他のご注意事項>

  • 確定拠出年金運営管理機関であるSBI証券は、お客さま(加入者等)に対して特定の商品への投資について指図を行うこと、または指図を行わないことを勧めるものではありません。
  • 掲載されている各コンテンツは、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。
  • 投資対象、投資機会の選択などの投資に係る最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いいたします。