iDeCoイデコとは

iDeCoイデコ(個人型確定拠出年金)を知る・学ぶ

提供:モーニングスターiDeCo講座一覧

iDeCo講座その4

確定拠出年金の運用テクニック~
リバランス

加入当初に決めた運用方針を守るために、徐々にバランスが崩れてしまった資産を元のバランスに修正し、一貫性を保つことが必要です。これを「リバランス」といいます。

1

事例で見るリバランスの考え方

下の図をご覧ください。例えば、当初利回り3.5%を目標とし、円グラフのようなポートフォリオを想定したとします。しかし、相場は日々変化していくので、予想以上に上昇することもあれば、その逆もありえます。この例では、100万円の資産が、1年後に122万円に増えました。なかでも株式型の貢献が大きくなっています。

当初利回り3.5%を目標としたポートフォリオの例

人の心理からすると、このような運用状況になった場合、成績の良い株式型の商品に、より多くの資産を移したくなるものです。しかし、投資の基本からいえば、その逆のことをしなければなりません。つまり、当初のバランスに戻すのです。これがリバランスの考え方です。

当初のバランスに戻した、リバランスの例

2

リバランスの効果

例えば、正反対の値動きをする2つの商品に50万円ずつ、計100万円投資する場合で見てみましょう。リバランスをしない場合は、トータルの資産は増えたり減ったりを繰り返すだけで増えませんが、定期的にリバランスをすれば、2つの商品の値上がりを、着実にトータル資産の増加に結びつけることができます。これは、リバランスを通じて「値上がりしたものを売り、相対的に安くなったものを買う」ことができるからです。

3

リバランスのタイミング

運用テクニック~モニタリング」で「トータル資産のモニタリングは年1~2回行う」と説明しましたが、そのたびにいつもリバランスを行う必要はありません。リバランスは、行っても年に1回程度で十分です。

注意!

リバランスはここに注意!

  • (1)コストがかかる場合もある
    リバランスをするために、ある商品を売却する場合には、信託財産留保額というコストが掛かる商品もあります。利用者サイトや各商品の説明資料で必ずいくらかかるのかを確認してから行うようにしてください。
  • (2)厳密にやりすぎない
    実際のリバランスは、厳密にやり過ぎないようにしましょう。金額がピッタリ合わなくても気にせず、できるだけあなたの運用方針(資産のバランス)に近づけるスタンスで続けることが大切です。

参考

リアロケーションについて

5年に一度程度の割合で、資産状況やライフプランを見直してアセット・アロケーションを再検討する事をリアロケーションといいます。予定以上の資産が形成できたとか、家族構成や仕事環境が変わったりして、リスク許容度も変わっていることがありますので、運用方針の見直しも考えましょう。特に、50歳以降は慎重に進める必要があります。

リアロケーションのイメージ

アセット・アロケーションを再検討するリアロケーションの例

まとめ

年に1回は資産のバランスをチェックし、調整を行おう

iDeCoイデコ(個人型確定拠出年金)に関する
お問い合わせ

SBI証券iDeCo(個人型確定拠出年金)
サポートデスク

固定電話0120-581-214

携帯03-5562-7560

ガイダンス内容

※ダイヤル回線の方は、お電話がつながり次第、トーンボタンまたは*ボタンを押し、トーン信号に切り換えてご利用ください。

1番

iDeCo(個人型確定拠出年金)の新規お申し込みに関するお問い合わせ

2番

iDeCo(個人型確定拠出年金)のその他のお問い合わせ

  • ※平日および土曜日、日曜日(年末年始、祝日を除く)8:00~17:00
  • ※土曜日、日曜日は新規加入のお問い合せのみ承ります。
  • ※給付のご請求、掛金の還付、Webサイトでの運用指図や操作の方法、IDおよびパスワードの再交付、個人別管理資産の残高等については、SBIベネフィット・システムズ0120-652-401(つながらない場合は03-6435-5522)へ月曜日~土曜日10:00~18:00にお問い合わせください。
    なお、土曜日は加入者サイトに関するお問い合わせのみ承ります。
  • ※オペレータが対応するダイヤルにつきましては、サービス向上などのため、通話内容を録音させていただきます。
  • ※インターネット取引の匿名性に配慮し、口座名義人ご本人様以外の方(ご家族の方を含む)の口座のご利用、ならびに個別のお取引に関するお問い合わせはお断りさせていただきます。

ご注意事項

<投資信託に関するご注意事項>

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。

<その他のご注意事項>

  • 確定拠出年金運営管理機関であるSBI証券は、お客さま(加入者等)に対して特定の商品への投資について指図を行うこと、または指図を行わないことを勧めるものではありません。
  • 掲載されている各コンテンツは、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。
  • 投資対象、投資機会の選択などの投資に係る最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いいたします。